苦しみを引き受けてくださった人

苦しみを引き受けてくださった人

最近知った言葉があります。

仏教の、「代受苦者」(だいじゅくしゃ)という言葉です。

仏教では、自然災害による犠牲者などを「代受苦者」といいます。

自分が受けたかもしれない災難や苦しみを自分の代わりに受けてくださった人、ということです。

この「代受苦者」という言葉を知った時、心がざわざわしてきました。

なんて、切ない言葉なんでしょうか。

もちろんこの言葉で思いだすのは東日本大震災です。

本来どこで起きてもおかしくはなかった大震災です。

それを東日本の方々が私たちの代わりに引き受けてくださいました。

多くの方が犠牲になりました。未曾有の大天災でした。

当時の悲惨な映像にとても、心が痛みました。

私や家族が受けていたかもしれぬ苦しみです。

それを今回、関東・東北地方の人々が代わって受けられたのです。

お亡くなりになった方には心からの哀悼を捧げたいです。

大きな被災を受けた方や場所にはできる範囲での支援をしていきたいです。

自分のこととして受けとめ、出来ることを少しでも始めていきたいです。

私たち一人ひとりが、きちんと日々を過ごすことが、亡くなられた方の供養になると思います。

障害をお持ちの方も「代受苦者」です。

その障害がある確率で出てしまう場合、それを引き受けてくださったのです。

家族の方も障害をお持ちの方の家族という役割を引き受けてくださったのです。

障害をお持ちの方もそのご家族も私たちの為に選ばれた方です。

この厳しいことに耐えることのできる素晴らしい方が引き受けてくださったのです。

「代受苦者」という言葉が存在している意味があるはずです。

この言葉が存在している意味は「感謝」です。

私たちは「感謝」を忘れてはいけないので、この言葉がきっとあるのです。

パーティーパーティー

ネットで購入。

以前住んでいた大阪ではよく見かけていた、ペットボトルでも作れるタイプの麦茶。

先日たまたま近くのスーパーで見かけて購入したのが思いのほかよかったので、次も購入したいと思い探しているのですが、その後まったく見つかりません。

うちの近くにあるスーパーは全部まわったのですが、やはり見つかりません。

最後の頼みだったところも撃沈。

あ~あ、仕方ない、ネットでまとめ買いです。

我が家で人気がある麦茶は、あらびき麦茶のスティックタイプ。

1.5リットルから2リットルのペットボトルで作れるものです。

インターネットでまとめ買いをするしかないので探したところ、40袋セット、送料無料というのが見つかりました。

夏の間は他に沸かしているものを全部麦茶に代えてしまえば、おそらくすべて消費してしまう量です。

私以外は本当によく麦茶を飲むので、いくら作ってもあっという間です。

でも、私が先日購入したよりはかなりお高い・・・。

納得いかないけど、背に腹は代えられません、これを購入です。

送料も考えるとまぁお得かも。

ということで、ネットでいくつかピックアップしました。

その中で一番安いものをチョイス。

注文したので、在庫が切れる前には届くはずです。

それにしても、都会から田舎に越してくると、やはり買い物などが困りますね。

今までは日常的に購入出来ていたものが、一切目の前から消えたりしますし。

関西で愛用していたマーガリンも、やっとここ1年ほどで見かけるようになりましたが、最初はどこにも見つからず。

本当に困ったものです。

さらに言えば、入荷数が少ないので、まったく安売りになりません。

特売の日に張り切って買いに行っていたのに、くすん。

もう3年目ですが、まだまだ、ここの状態に慣れません(笑)